HOME > 土地評価診断

土地評価診断

土地評価診断について

土地の評価には利便性や周辺環境等様々な要因がありますが、共同住宅や商業ビルを建てる場合においては、容積率が評価に反映されます。 敷地面積に対して何倍の床面積がとれるかによって評価は変わってきます。

一般的に都市計画に基づき、用途地域、建ベい率、容積率等が決められていますが、前面道路幅員、接道長等により指定容積率全てを消化できるとは限りません。
また、日影規制、高度地域、道路斜線、隣地斜線、各行政の条例、指導要項等により、計画図を作成してみないと判断出来ないというのが実態です。
例えば、六本木通りや246号線においては南道路の敷地と北道路の敷地では大きな差が出来ます。

私共は実際にどれだけの容積がとれるのかを計画図作成にすることにより算出致します。
そこから実勢の土地評価を割り出します。