HOME > 等価交換について

等価交換について

等価交換の方式とは

等価交換とは、開発業者業者が土地所有者の土地の上にマンションやオフィスビル等を建て、土地所有者は土地評価額に相当する建物と土地の共有持分を取得するというものです。
土地所有者と開発業者とで、土地のー部と建物の一部を等価で売買(交換)することになるので、等価交換と呼ばれています。

等価交換の基本は土地所有者の土地と開発業者の建物が等価で売買されることですが、建物のー部を現金(交換差金)で貰う方法(差金型等価交換)や、土地所有者の方が借入金などで、さらに建物のー部を購入する方法(買増型等価交換)などの方法もあります。

建物の土地評価分がオーナー様の所有となります。

等価交換のメリット

■自己資金がゼ口でも可能です

等価交換では、土地所有者は土地のー部を提供するだけで建物を取得することができます。
借入金などで莫大な資金調達をする必要はありません。借入金がないので、建物取得後すぐに安定した収入が見込まれることになります。

■手間が一切かかりません

等価交換では、建物建設にともなう役所への手続き、プラン検討、工事発注などの煩わしい業務は、すベて開発業者が行います。

■土地との縁が切れません

等価交換は土地のー部を譲渡しますがその土地の上に建築きれた建物を取得することになります。取得きれた建物に、引き続きお住まいになったりご商売を続けてゆくことが出来ます。

■土地の譲渡に対する税金が少なくてすみます

土地を譲渡すると所得税等が課税されますが、等価交換では、税法の特例を使うことにより譲渡にかかる税金が軽減されます。

■複雑な権利関係を解消します

「古くからの借地人が大勢いる収益が低い土地をなんとかしたい」「相続で共有になっているので処分したくてもできない。」「狭い土地に住宅が密集しているので何とかしたい」このような悩みも等価交換が解決します。